2012年03月26日

前がん状態「チェルノブイリ膀胱炎」が見られた地域のセシウム137レベルは千葉県東葛地域と重なる

児玉龍彦『内部被曝の真実』(幻冬舎新書)
低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ(第4回)資料
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/info/twg/dai4/siryou1.pdf
医学のあゆみVol.41 “チェルノブイリ膀胱炎”―長期のセシウム137低線量被曝の危険性
http://plusi.info/wp-content/uploads/2011/08/Vol.41.pdf

バイオアッセイ研究所の福島昭治所長は、チェルノブイリの汚染地域で膀胱がんが10万人当たり26.2人(1986年)から43.3人(2001年)に増加していること、前がん状態の増殖性膀胱炎「チェルノブイリ膀胱炎」が中間線量以上の区域で広範に発症していることを発見した。P38 MAPキナーゼの活性化と、NF-κBのp50とp65の細胞内増加が見られたことから、放射線被ばくの影響と考えられた。

福島の女性の母乳から昨年、2〜13 Bq/kgのセシウム137(Cs137)が検出されたが、これはチェルノブイリ高線量区域の患者の尿中レベル6Bq/Lとほぼ同じ。また、千葉県東葛地域のCs137レベル(2011年9月)は1万〜6万Bq/m^2で、これもチェルノブイリと重なる。


チェルノブイリ周辺における前立腺肥大手術患者の尿中Cs137のレベル
高線量区域中間線量区域非汚染区域
患者数555312
土壌汚染レベル(Ci/km^2)5〜300.5〜5NC
土壌汚染レベル(Bq/m^2)18万5000〜111万1万8500〜18万5000NC
尿中Cs137レベル(Bq/L)6.47±14.301.23±1.010.29±0.03


http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092917_1.pdf
文部科学省による埼玉県及び千葉県の航空機モニタリングの測定結果について(平成23年9月29日)


太田光征

【関連する記事】
posted by 2011shinsaichiba at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック