2012年06月14日

福島原発事故による被ばく線量の評価に関するWHO中間報告

WHO(世界保健機関)が福島原発事故後の日本内外における被ばく線量の評価に関して中間報告を発表した。IAEA(国際原子力機関)の研究者も執筆者に加わっていて、さらに信用できないが。

WHOスポークスマンはメディアに「浪江町は(乳児の甲状腺被害を)注視すべき地域」と語っている。

WHO | World Health Organization
http://www.who.int/ionizing_radiation/en/

WHO | Preliminary Dose Estimation from the nuclear accident after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami
http://www.who.int/ionizing_radiation/pub_meet/fukushima_dose_assessment/en/index.html

☢ Preliminary dose estimation from the nuclear accident after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami
http://whqlibdoc.who.int/publications/2012/9789241503662_eng.pdf

46〜47ページの表4によれば、最初の4カ月だけで、福島県浪江町の乳児の甲状腺預託等価線量(吸収線量×放射線荷重係数)は100-200 mSvと推定され(全員がというわけではない)、その50パーセントが呼吸、30パーセントが地面からの外部被ばくによるとした。特に呼吸による分は、適切な避難、甲状腺ブロックをしていれば避けることができた被ばくではないか。(2013年2月9日訂正:等価線量→預託等価線量)

チェルノブイリ事故後に小児甲状腺がんが増加したのはミルク中の放射性ヨウ素が原因で、福島原発事故の状況とは異なるとして、甲状腺ブロック不要と結論付けた専門家がいた。

福島原発事故への対応−小児甲状腺ブロックは不要、放射線の正しい知識を(2011年3月24日)
http://www.japanthyroid.jp/img/info/20110324.pdf
被災者の皆様、とくにお子さんをお持ちの被災者の皆様へ | 日本核医学会(2011年3月18日)
http://www.jsnm.org/japanese/11-03-18
安定ヨウ素剤による甲状腺ブロックについて(日本医科大学武蔵小杉病院緊急対策本部)
http://kosugi-h.nms.ac.jp/news/424.html

弘前大被ばく医療総合研究所の床次眞司教授が実施した調査によれば、65人のうち50人から放射性ヨウ素が検出され、5人が50ミリシーベルトを超えていた。

住民65人中50人から放射性ヨウ素を検出、5人が国際基準の50ミリシーベルト超え
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1599.html

IAEAは甲状腺がんを防ぐヨウ素剤服用基準を50ミリシーベルトと規定している。甲状腺ブロックが不要とした専門家の判断の妥当性について検証が必要だ。

ジャパントゥデイの記事(ロイターの配信)は「浪江町は注視していかなければならない地域だ」というWHOスポークスマンの発言を紹介している。

WHO releases mixed Fukushima radiation report ‹ Japan Today: Japan News and Discussion
http://www.japantoday.com/category/national/view/who-releases-mixed-fukushima-radiation-report

Infants in Namie were thought to have received thyroid radiation doses of 100-200 mSv, it added. The thyroid is the most exposed organ as radioactive iodine concentrates there and children are deemed especially vulnerable.

“That would be one area because of the estimated high dose that we would have to keep an eye on,” WHO spokesman Gregory Hartl told Reuters. “Below 100 mSv, the studies have not been conclusive.”

太田光征
【関連する記事】
posted by 2011shinsaichiba at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック