2016年07月09日

8.20講演会「チュルノブイリから学ぶ〜法律と現地報告〜」

講演会『チェルノフ?イリから学ふ?〜法律と現地報告〜』.pdf
皆様 千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会の藤原です。Bcc.で配信をさせていただきます。
重複して配信がされた方には申し訳ありません。何卒ご容赦下さい。
8月20日(土)午後1時半から千葉県弁護士会主催で表記講演会が千葉県弁護士会館3Fの
講堂で開催されますので、ご案内をさせていただきます。講師の尾松亮さんは新進気鋭のロシア
研究者で、「チェルノブイリ法」の研究者では第一人者ではないかと思います。現在、岩波の
月刊雑誌『世界』で「事故30年チェルノブイリからの問い」のテーマで連載中です(下記参照)。
ぜひご参加ください。

*『世界』連載2016*
(第1回)5月号:私たちは「法」なしに被害と向き合うのか
(第2回)6月号:政府が「被災地」を消すとき、「被災者」はどう守られるか
(第3回)7月号:事故収束 作業員たちはいま
(第4回)8月号:事故を知らない子どもたちー放射線防護をどう伝えるか
【関連する記事】
posted by 2011shinsaichiba at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック