2013年10月30日

【11月23日】常総生協・大石さん講師の学習会です

流山市において、11月23日(土)、午後6時から大石さんを講師に招いての学習会を開催します。
茨城・千葉・埼玉の市民と常総生活協同組合が共同で行ってきた、土壌調査、母乳・尿・血液などの健康調査の資料も用いながら、関東ホットスポットの放射能汚染の実態、放射能防護のあり方などについて話し合います。
市民に加えて、自治体議員や行政マンにも参加して頂きたいと考えています。
お知り合いの議員や自治体職員に声をかけて頂ければ幸いです。
チラシを添付します。
お誘い合わせの上、ご参加下さい。

お話 大石光伸さん 常総生活協同組合 副理事
日時  11月23日(土) 午後6時開場、6時20分開始〜8時40分
場所  流山市 南流山センター 大ホール
     (つくばエクスプレス・JR武蔵野線 「南流山駅」徒歩4分)
資料代 500円
主催 市民と自治体議員の放射能学習会
連絡先 阿部治正 090-2481-9040

*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*
阿部 治正
HP : http://www.abeharumasa.jp
Email : abe@union.email.ne.jp
Email : th4h-yko@asahi-net.or.jp
TEL : 090-2481-9040/04-7140-7605
*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*
posted by 2011shinsaichiba at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【11月12日】原発事故被害者の救済を求める国会請願行動

阿部です

11月12日集会と国会請願のご案内です。
支援法の閣議決定のあとの、大きな節目となる行動です。
集会のあと、国会までデモを行い、被害者救済全国請願署名を国会各会派に届けます。

閣議決定後の「現状分析」や「各地からの報告」を行われます。
関東ネットのお母さんたちが参加しやすいようにということで、集会を午前に設定しました。
子どもを放射能から守る活動は、これからが本番、今後も長く続きます。
可能な方、お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい。

-----------------------------------------
11.12 国会に声を届けよう
原発事故被害者の救済を求める国会請願行動
集会:10:20〜@日比谷コンベンションホール
デモ:12:10 日比谷公園発
【チラシ(PDF)】↓
https://dl.dropboxusercontent.com/u/23151586/131112_kokkainikoe.pdf
-----------------------------------------

私たちは二つのことを求め、国会請願署名を集めています。
1.原発事故子ども・被災者支援法の十分かつ具体的な施策の実施を求めます。
2.賠償請求の時効問題を抜本的に解決するための特別立法を求めます。
【署名用紙(PDF)】↓
https://dl.dropboxusercontent.com/u/23151586/311shienho_zenkoku_shomei.pdf
11月12日、私たちの声を届けに国会に行きましょう!
集会と請願行動にご参加ください。

11月12日(火)のスケジュール
■集会…10:20〜11:50 (開場:10:00)
会場:日比谷コンベンションホール(旧都立日比谷図書館B1F)
   地図> http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
参加費:500円

内容:
【現状分析】
 子ども・被災者支援法
  …河崎健一郎さん(弁護士/福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)
 原発事故被害損害賠償の時効問題
  …水上 貴央さん(弁護士/福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)
【各地からの報告】
 福島からの報告
 関東ホットスポットからの報告
  …増田薫さん(放射能からこどもを守ろう関東ネット) 他

■デモ・請願行動 日比谷公園発 12:10〜
 ※デモだけの参加も歓迎

主催:原発事故被害者の救済を求める全国運動
連絡先:
【東京】 国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
東京都豊島区池袋3-30-22-203
TEL : 03-6907-7217 FAX : 03-6907-7219
posted by 2011shinsaichiba at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

10月19日(土)14:00から定例相談会

皆さん

永田です。

明日19日(土)は14:00から相談会です。
ほくとビル4階会議室。
出席をよろしくお願いします。

永田 研二
posted by 2011shinsaichiba at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

10/5「今からできること〜放射能と歯のはなし」

10/5「今からできること〜放射能と歯のはなし」ご参加のお願い

 お元気でご活躍のことと思います。
 
 すでに何回かの案内をさせていただいてきました10月5日(土)午後開催の「今
からできること〜放射能と歯のはなし」に是非ご参加いただきたいと思います。

▼日時/10月5日(土)午後1時から4時まで
▼会場/松戸市民会館301号室
▼催し/@「原発事故子ども・被災者支援法」の地域指定をめぐる運動 ゲスト
    /増田 薫さん(放射能からこどもを守ろう関東ネット)
    A土壌汚染調査から見えてきたもの ゲスト/寺田 司さん(常総生協)
    B乳歯保存運動の意義と取り組みの現状 ゲスト/藤野健正さん(乳歯
     保存プロジェクト代表)
    C放射能内部被ばくと子どもの健康被害 ゲスト/松井英介医師(岐阜
     県環境医学研究所)、篠田壽教授(東北大学名誉教授)
    D質疑討論とこれからの取り組み
▼参加費/500円
▼主催/乳歯を保存するプロジェクト(連絡先/047−389-8566 川島)
 
 危惧していた内部被ばくによる子どもへの健康被害(甲状腺がん・疑い)が、福島県内だけでなく、関東のホットスポット地域からも出始めたと聞きます。安倍政権は、子どもの健康議街問題に真剣に向き合おうとしていません。子どもの健康被害を調査・検診していくことと長期化する被害を検証していくために子どもたちの乳歯を保存する運動がいかに大切か、今回の報告と討論で明らかにしていきたいと思います。ご参加下さい。
 尚、当日会場設営のボランティアを募集しています。可能な方は、12時、301号室前に集合していただけませんか。よろしくお願いします。
 
 2013.10.3  吉野信次
posted by 2011shinsaichiba at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

【9月21日】「原発事故被害者の救,済を求める全国集会 in 福島」――原発事故子ども・被災者支援法の実現と損害賠償請求の3年時効問題

原発事故被害者救済全国実行委員会からの集会案内です。
原発事故子ども・被災者支援法の実現と、3年時効問題の解決が、集会の課題です。
是非、ご参加下さい。


来る9月21日(土)、福島県文化センター大ホールにて、「原発事故被害者の救
済を求める全国集会 in 福島」を開催いたしますので、ご参加下さい。

日時2013年9月21日(土) 13:00〜16:30
場所:福島県文化センター大ホール

プログラム(予定)
13:00 開演
集会実行委員会代表挨拶
佐藤和良(いわき市議会議員・原発事故子ども・被災者支援法推進自治体議員連盟共同代表)
呼びかけ人からの挨拶 小池達哉(福島県弁護士会会長)
野々山理恵子(パルシステム東京理事長)
問題提起1 「支援法の現状」 福田健治(弁護士、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)
問題提起2 「時効問題の現状」 的場美友紀(日本弁護士連合会・弁護士)
問題提起3 「求められる健康管理体制の確立」 木田光一 (福島県医師会副会長)
被災当事者スピーチ: 千葉由美さん(いわきの初期被曝を追及するママの会共同代表)

宇野朗子さん(福島市から京都に避難)
長谷川 克己さん(郡山市から静岡に避難)

14:30 <休憩> 亀山ののこさん写真スライドショー
ライブ(清野智之さん)

15:00 来賓挨拶と決意表明 国会議員ほか
15:25 復興庁からの基本方針案の説明
15:30 論点整理 海渡雄一(弁護士・日弁連災害本部副本部長)
15:40 行動提案
1.全国500万人署名運動 篠原恭子(原発事故子ども・被災者支援法宮城フォーラム実行委員会)
2.当事者団体の全国的連携 中手聖一(原発事故子ども・被災者支援法市民会議代表世話人)
3.自治体からの発信 蛇石郁子(郡山市市議会議員)
4.関東での取り組み 阿部治正(放射能からこどもを守ろう関東ネット)
5.子ども・被災者支援法を活かしていこう 満田夏花(FoE Japan理事)
16:20 閉会
司会:福嶋あずささん(いわき市議会議員)

◆入場無料・申込み不要

◆主催:原発事故被害者の救済を求める全国運動実行委員会

◆連絡先
国際協力NGOセンター(JANIC)福島事務所内
福島県福島市栄町6-5 南條ビルA-3F
TEL : 024-573 -1470 FAX : 024-573 -1471
早稲田リーガルコモンズ 法律事務所
東京都千代田区九段北1-4-5 北の丸グラスゲート5階
TEL : 03 - 6261-2880 
FAX : 03 - 6261-2881
国際環境NGO FoE Japan
東京都豊島区池袋3-30-22-203
TEL : 03 - 6907-7217 
FAX : 03 - 6907-7219

<開催趣旨>
東京電力福島第一原発事故は、事故以来2年以上が
経過しても、いまだ収束の見通しがたっていません。
先のみえない状況に原発被害者は、疲弊と困難を極めています。
昨年6月に制定された「原発事故子ども・
被災者支援法」は、被害者一人ひとりの選択する
権利を保障し、幅広い支援策を講じることを
定めています。しかし、復興庁が発表したこの法律の
「基本方針案」は、そのほとんどが既存の施策の
貼り合わせで、具体的な支援には結びつきません。
また、原発事故の被害についての損害賠償の請求権が、
来年3月には時効消滅してしまうという問題があります。
現在の法制度では、救済されない
被害者が数多く存在します。
国に対して、支援法の実施や、
損害賠償請求の時効問題の解決を求めていくために、
請願署名もはじめます。私たち一人ひとりが当事者です。
ぜひお集まりください。

この全国運動のキックオフ集会として、私たちは福島を選択しました。
まだ線量の高い地点も多くあり、それを過小評価すべきでないという認識でいますが、

それをおいても、この運動の原点として、ふさわしいのではないかという想いからです。

この運動を全国に広げていくため、各地で集会や
学習会を行っていただけますようお願いいたします。

※請願署名に御協力ください
1)子ども・被災者支援法の幅広い適用と具体策の実施を
2)賠償の時効問題の抜本的な解決を
署名用紙は下記からダウンロードできます。
http://www.act48.jp/images/pdf/seigan.pdf
posted by 2011shinsaichiba at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

相談会は24日(火)6:00から

皆さん

永田です。

今月の相談会は24日(火)6:00から、ほくとビル4階
会議室です。よろしくお願いします。


永田 研二
posted by 2011shinsaichiba at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

9.14(土)さようなら原発集会 in 亀戸 9.15(日)14:00から定例相談会

皆さん

永田です。


9月15日、再び原発ゼロの日がやってきます。
しかし、状況は極めて厳しいです。IOC総会で
の安倍首相の大うそはいずれ断罪されるでしょう。
しかし、それを待っている間にも汚染水問題は
さらなる被害拡大をもたらします。再稼働と原発
輸出で強い日本を演出しようとしています。これ
だけの犯罪を犯しながら起訴ゼロは司法もまた
原子力ムラの一員であることを自己暴露してい
ます。子ども・被災者支援法の実効化をせまり、
すべての原発を廃炉にする圧力を一段と強めまし
ょう。

二つのご案内です。

●9.14(土)さようなら原発集会in亀戸
 11:00〜亀戸中央公園
*松戸駅から出発の人は12:00にJR松戸駅3番線
  北千住寄りに集合

●9.15(日)第30回定例相談会
 14:00〜 ほくとビル4階会議室
*DVD試写します。ぜひお集まりください。

以上
 


永田 研二
posted by 2011shinsaichiba at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

【9月13日】基本方針案の東京での説明会開催が決まる

東京での説明会の開催通知がでました。パブコメ締め切りの当日です。

阪上 武

**************************

被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案)の説明会(東京)の開
催について(開催案内)
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat8/sub-cat8-1/20130906094452.html

1.日時
平成25年9月13日(金)10:30〜12:30 (開場 9:30)

2.場所
TOC有明コンベンションホール EASTホール (東京都江東区有明3丁目5)

3.議題(予定)
(1)被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針(案)について
(2)その他

-----------------
以上、転載

太田光征
posted by 2011shinsaichiba at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

8月25日(日)14:00より定例相談会

皆さん

永田です。

明日25日(日)は定例相談会です。
14:00からほくとビル4階会議室。

野菜支援のための企画、秋以降の
再稼働阻止に向けた行動について
話しあいます。

ぜひお集まりください。


永田 研二
posted by 2011shinsaichiba at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

【8月22日】高レベル焼却灰の我孫子市への搬入問題で我孫子市の近隣住民連合会が松戸駅にて宣伝行動

 先日メールでお知らせしました松戸市から我孫子市に強制搬入されようとした高レベル焼却灰の件です。
 
 昨年12月から松戸市、柏市、流山市から搬出された高レベル焼却灰(8000ベクレル以上)が我孫子下水道終末処理場に搬入されることに反対し、監視・抗議行動をされている我孫子市の近隣住民連合会が、松戸市民に訴えるため松戸駅でチラシ配布と宣伝行動を計画されています。20人ほどの市民が参加されるようです。

▼日時/8月22日(木)午後5時から1時間程度
▼場所/JR松戸駅東・西口(集合は東口)

 この駅頭宣伝行動を支援したいと思います。1000人の会でハンドマイク3台を持参することになりました。時間の都合がつく方は、ご参加下さい。よろしくお願いします。
 
 2013.8.19  吉野信次
posted by 2011shinsaichiba at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

8.4(日)チャリティー居酒屋ご案内/8.25(日)14:00〜定例相談会のお知らせ

好評第3弾!暑気払い

 日時: 8月4日(日)17:00〜21:00
 会場: ほくとビル4階会議室
 会費: 1,500円(全額を南相馬市学校給食センターへの野菜
      支援にまわします)

 手料理を持ち寄り、みんなで楽しいひとときを。
 
●定例相談会

 日時: 8月25日(日)14:00〜
 場所: ほくとビル4階会議室

 以上、よろしくお願いします。

永田 研二
posted by 2011shinsaichiba at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

6.9(日)14:00から定例相談会

皆さん

永田です。

野菜支援7.20チャリティーコンサート&上映会まで1ヶ月です。
明日の相談会で決めなくてはならないことがたくさんあります。
ぜひご出席ください。

14:00〜 ほくとビル4階会議室


永田 研二
posted by 2011shinsaichiba at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

【6月7日】 第6回「原発事故 子ども・被災者支援法」交渉にご参加を―支援法の地域指定を!

「原発事故 子ども・被災者支援法」の地域指定と健康調査を求める第6回省庁交渉を行います。

6月7日(金) 午後10時30分〜12時
衆議院・第1議員会館・国際会議室

支援法が衆参全議員の賛成で成立してから、すでに1年が経ちます。
にもかかわらず、まだ国は基本方針すら発表していません。
公表された「施策パッケージ」では、20ミリ以下は安全、福島以外は支援の必要なし、健康被害は心の問題、と決めつけています。
他方、文科省は「自治体の意向があれば学校検診での放射能の検査に協力する」と明言しています。
それを、環境省や復興庁や規制庁が妨げている構図も浮かび上がってきています。
国、とりわけ環境省と復興庁に圧力をかけ、動かすために、多くの市民の結集が必要です。
お誘い合わせの上、ご参加下さい。

4月に開始し、皆様にもご協力頂いたた署名は、衆議院 3万5000筆、参議院 3万3000筆。
合計で6万8000筆に達しました。
2ヶ月感の取り組みにしては、大成果です。
いま関東ネットが進めている、市民による自主的な健康診断・調査の仕組みづくりの大きなテコになるでしょう。

7日は、省庁交渉に続き、以下の行動に取り組みます。
合わせてご参加、ご協力下さい。

【署名の提出】
省庁交渉の後、午後から署名提出のため紹介議員回り。
予定している議員は、10名前後。

【記者会見】
記者会見は、省庁交渉の後、霞ヶ関と千葉、茨城で行う。
茨城は午後2時から、千葉は午後2時以降(記者クラブと調整)。


放射能からこどもを守ろう関東ネット
http://kodomokanto.net/
posted by 2011shinsaichiba at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原発再稼働反対・経産省前テントを守ろうデモin千葉 6月8日は千葉市中央公園に総結集しよう!!

原発再稼働反対・経産省前テントを守ろうデモin千葉
  6月8日は千葉市中央公園に総結集しよう!!

 安倍政権は、原発の再稼働を推進し、当初張り切っていた原子力規制委員会も腰砕けとなり、さらに大阪地裁は、大飯原発3、4号機運転差し止め仮処分申請を却下しました。
 こういう状況下で、国民の命を守るため再稼働をやめさせ、経産省前テントを守るには広範な市民の力の結集しかありません。
 東京都民も千葉県民も来る6月8日(土)は、ぜひ千葉市中央公園に総結集して、集会とデモを盛り上げて下さるようお願い致します。
 当日は、経産省前テントひろば代表の淵上太郎さんが応援に駆けつけてくれます。内容は下記の通りです。

名 称:原発再稼働反対・経産省前テントを守ろうデモin千葉
日 時:2013年6月8日(土)15:00 雨天決行
場 所:千葉市中央公園
内 容:集会 15:00〜  デモ出発 15:30
主 催:原発さよなら千葉
詳細は、「原発さよなら千葉」のHP又は090-2553-2587の永野勇まで
posted by 2011shinsaichiba at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【6月8日】ドイツに学ぶ再生エネルギーと日本の今

イベント案内

ドイツの小さな町で「自然エネルギー社会を子どもたちに」
という思いで「市民による市民のための電力供給会社」が
生まれました。明るい希望のドキュメンタリー映画上映。
そして私たちにもできるぞ、市民のための発電所、
というお話です。
どなたでも。

6月8日(土)14時〜15時
*シェーナウの想い上映
柏中央公民館 柏市役所隣 5F講堂
500円
申し込み不要。
先着180名
*やればできる市民発電所
講演会 同日15時10分〜
長谷川平和さん(在日ドイツ商工会議所)
板倉正さん(エネルギー自給のための会社を起業・流山市在住)
主催: 環境とエネルギー・柏の会
posted by 2011shinsaichiba at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

「6.2つながろうフクシマ!さようなら原発集会」と夕方の反原発国会大包囲行動

千葉西部ネットのみなさま

 梅雨入りと同時に快晴の日々です。
 昨日開催されました福島告訴団主催の日比谷野音集会&東京地検「要請行動」、東京電力「抗議行動」は1,000名の告訴団メンバーが集まり、福島の現状や全国での取り組み、弁護団からの報告などを聞きました。さらに、東京地検前での厳しい要請行動、東京電力本社での怒りの抗議行動は、大きな盛り上がりの中で開催されました。千葉関係の参加者は50名ほどでした。
 
 引き続いて開催されます「6.2つながろうフクシマ!さようなら原発集会」と夕方の反原発国会大包囲行動についての案内です。
 
 午後0時30分から開催の芝公園での集会参加者で、東葛地域の方々は、午前11時30分、JR松戸駅6番線前(北千住寄り)に集合ください。いくつかの団体と合流して参加します。
 
 2013.6.1  吉野信次
posted by 2011shinsaichiba at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

【5月31日】「福島原発事故の厳正な捜査と起訴を求める」東京地検前・東電本店前行動

 梅雨入り直前となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。
 
 さて、今日は緊急の要請です。昨年11月に福島と東京地検に「福島原発事故の厳正な捜査と起訴を求める」告訴を行なった福島原発告訴団(14,716人)が、2月22日の行動に続いて2弾目の大集会と東京地検への「激励行動」、東電への抗議行動を計画しています。大集会では、福島からの叫びリレートークに続いて、全国からのリレートークでは、関東ブロックを代表して「放射能からこどもを守ろう関東ネット」の代表が発言します。
 「福島の叫びを聞いてください!」という大集会と東京地検、東電への行動にご参加ください。知人・友人にもご紹介ください。
 
▼日時/5月31日(金)午後1時30分から3時30分まで
▼会場/日比谷野外音楽堂
▼大集会後、東京地検前で「激励行動」午後4時から5時、東電本店前で抗議行動
 午後5時30分から6時まで
▼呼びかけ/市民自治をめざす1000人の会、東日本大震災被災者支援千葉西部ネット
▼連絡先/永田」(090-3311-7830)、吉野(090-4606-9634)
※常磐線沿線の参加者は、午後0時30分、JR松戸駅6番線前(北千住寄り)に集合ください。
posted by 2011shinsaichiba at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

原発事故子ども・被災者支援法の地域指定と健康調査を求める街頭署名

5月18日、午前10時30分〜12時まで、おおたかの森駅前で、原発事故 子ども・被災者支援法の地域指定と健康調査を求める街頭署名を行います。
ご参加下さい。
5月18日以降の予定は、25日、26日、6月1日、2日です。
いずれも午前10時30分から12時まで、おおたかの森駅です。
流山だけでなく、他市の方の参加も大歓迎です。
出来るだけ多くの市民に「支援法」の存在を知らせ、「子どもの健康調査」の重要性を訴え、たくさんの署名を集めたいと思います。

阿部 治正
HP : http://www.abeharumasa.jp

放射能被ばくから子どもを守るための対策を求める署名(紙による署名)
http://kodomokanto.net/petition/shomei

署名用紙は、衆議院議長・参議院議長宛に請願書の署名として提出します。

放射能被ばくから子どもを守るための対策を求める請願書(オンライン署名)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7cd71de7238484

オンライン署名は、内閣総理大臣宛てに参考資料として提出いたします。
posted by 2011shinsaichiba at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

5月11日(土)相談会 7.20チャリティーコンサート&シェーナウの想い上映会ほか

皆さん

永田です。

●11日(土)14:00から定例相談会です。場所はほくとビル4階。

「6.2反原発大集会」「7.20チャリティー
コンサート&シェーナウの想い」上映会を
メインに話し合います。多くの皆さんの参加
をお待ちしています。

コンサート&上映会のチラシ、協力券ができ
ています。拡販に積極的な取り組みをお願い
します。



永田 研二
posted by 2011shinsaichiba at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

(1)「福島 六ヶ所 未来への伝言」 (2)7/20チャリティーコンサート (3)西部ネット通信「野菜だより」

皆さん

永田です。

三件の報告、連絡です。

@「福島 六ヶ所 未来への伝言」
  
  3回の上映で650人の方に鑑賞いただきました。
  千葉西部ネットでは延べ20人近くの人がボランティア
  として参加しました。ご協力ありがとうございました。
  カンパも予想以上に集まりました。詳しい会計報告は
  5月7日の最終実行委員会後に改めて報告します。
  お楽しみに。

A7/20チャリティーコンサート&「シェーナウの想い」上映

  柘植さんが手づくりのチラシを作ってくれました。ほくとビル
  5階事務所の入り口の机(ドアの外)にチラシを用意してお
  きます。どんどん持ち出して宣伝してください(4/30以降)。
  チラシを置いてくれそうな店などの情報があったらМLで流
  してください。

B通信「野菜だより」発行

  私たちの野菜支援活動も3年目に入りました。さらに多くの方
  に活動を知ってもらう必要があります。また、ネットをしないメン
  バーとの情報格差が生じないようにペーパーによる通信を発行
  していきます。マメではないのでとりあえず季刊をめざします。
  創刊号(春号)を添付します。ご覧ください。なお、リーフも近々
  更新予定です。

以上、よろしく。


永田 研二
posted by 2011shinsaichiba at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする